Denying the Right to Vote for Canadians Abroad

Denying the Right to Vote for Canadians Abroad

PRESS RELEASE

September 25, 2015

If you are a Canadian and have recently received a notice from Elections Canada saying that you no longer have the right to vote because you have lived outside of Canada for more than 5 years, you are not alone. This announcement has prompted some candidates in the upcoming election to take a position on the issue. The following open letter - signed by five Chambers of Commerce in the Asian Region - is directed at those, citizens and candidates alike, who believe that all Canadian citizens deserve the right to vote, regardless of their current place of residence or length of time resident outside Canada.

###

Media Contact:

Canadian Chamber of Commerce in Japan

Mr. Eric De Groot
edegroot@wish.ocn.ne.jp

Mr. Ron Haigh
ronhaigh@me.com

###

Read on for the CCCJ's message to members on the issue in both English and Japanese

Dear CCCJ Members,

Just a few weeks after our CCCJ Canada Day celebrations this year a judgment of the Ontario Court of Appeal was pronounced denying expatriate Canadians the vote if they have lived outside of Canada for more than 5 years.

Since this is clearly contrary to the express provisions of section 3 of our Canadian Charter Of Rights And Freedoms that “…Every citizen of Canada has the right to vote in an election of members of the House of Commons or of a legislative assembly…” it has generated considerable discourse and sometimes, debate within the expatriate Canadian community in our region and of course amongst the Canadians in our membership. Several concerned CCCJ members, working with the Economic and Social Policy committee, have undertaken an effort to raise awareness in the media and amongst the politicians of the need to restore full voting rights to all Canadian citizens, regardless of length of residency outside Canada. This is in keeping with one of the 5 broad aims of the CCCJ, "To promote measures intended to benefit and protect the interests in Japan and Canada of companies and individuals of each nation".

At the urging of the members of the Economic and Social Policy Committee, your Board of Governors has passed a motion to seek the support of other Asian regional Canadian Chambers of Commerce to amplify the impact of this call to action by sending a joint letter to relevant authorities in Canada.

Accordingly, a letter has been drafted for the consideration of fellow Canadian Chambers in Asia and you will see this here.

Concerned Members have also asked what else they might do to demonstrate their concurrence or disagreement with this policy of denying 5 year + expatriate Canadians the right to vote contrary to Section 3 of the Charter.

Here are just a few:

  • Write a letter to the candidates running in the riding in which you last lived in Canada, asking them to explain their and their party’s position on this issue
  • Contribute to a fund now accepting donations of funds for a legal challenge to the 5 year rule in the Supreme Court of Canada
  • Register a complaint on the Elections Canada website stating that your constitutional right to vote has been taken away based on the government’s narrow interpretation of a law passed in 1993.
  • Follow and support the campaign to restore expatriate voting rights at the Facebook group "Let All Canadians Vote".

 

在外カナダ人の選挙権はく奪問題に関するレター

2015年9月25日

我々の商工会議所の強みのひとつは、カナダと日本のビジネスチャンスを増大する重要なタスクを、日本のメンバーとカナダのメンバーが協力しあって遂行していることです。年月を重ねるにつれ、我々はビジネス上の問題にのみ取り組むだけでは不十分であることを学びました。なぜならば法的、社会的、文化的な問題もビジネス環境に影響を与えるからです。そのため、CCCJ(在日カナダ商工会議所)の規約に従い、CCCJはカナダでビジネスを行う日本人および日本でビジネスを行うカナダ人のために、生活の質を決定する基本的な問題に関する我々の立場を、声をひとつにして主張しています。

本日、我々はCCCJ内のすべてのカナダ人が直面する根本的な問題をあなた方にご理解頂きたいと思います。ともすれば複雑で微妙な状況を理解しにくい日本人メンバーのために、ここに概要を記します。

カナダ人はカナダ人権憲章により選挙権を保証されています。日本人は同様の権利を日本国憲法により保証されており、日本政府は海外に住む日本人のために、海外の大使館および領事館に投票所を設置します。

しかしながら、今年カナダ政府はオンタリオで訴訟を起こし、カナダ政府機関の職員、カナダの軍隊の隊員、国際的機関または国連機関の職員に該当せず、カナダ国外に5年以上居住するすべての在外カナダ人から選挙権をはく奪するようオンタリオ訴訟裁判所に訴え、裁判所はこれを認める判決を下しました。カナダ政府は、カナダと日本のビジネス関係を深めるための有効な手段として日本に住むカナダ人を全面的に支援しています。しかしながら、この判決によって日本に住むカナダ人は、カナダに家族や資産を持っていたとしても、また将来カナダに戻る可能性があるとしても、選挙権が失われてしまいました。

この判決はカナダの最高裁に上訴される可能性がありますが、海外に住むカナダ人が、10月19日のカナダ連邦選挙での選挙権を得るためには間に合いません。

上記に述べた事情を憂慮している何人かのCCCJメンバーは、経済社会政策委員会と協力して、海外での居住期間に関わらず全てのカナダ人の選挙権を全面的に回復する必要性について、マスコミの関心を得るための戦略を立てました。CCCJ規約は、「カナダでビジネスをしているカナダ人および日本人にとって重要な問題に対し、意見を表明する」と定めます。我々は、、マスコミ、政治家およびそれ以外の世論を形成する層に共同書簡を送り、行動を起こすよう呼びかけました。この呼び掛けの影響を拡大するために、他のアジアのカナダ商工会議所に対して支援を要請する動議を、CCCJの理事会は可決しました。

CCCJのカナダ人メンバーが起こすことができる行動の概要を、日本人メンバーへのご参考として、以下に記します(2015年9月25日付けカナダ人メンバーへのレターからの抜粋)。

(ご参考)

  • あなたが以前カナダで住んでいた選挙区で立候補している候補者に、この問題に関し彼らおよび彼らの党の立場を説明するよう求めるレターを書く。
  • カナダ最高裁での5年ルールへの法的な異議申し立て(上訴)のための献金を求める基金に寄付する。< リンク>
  • 1993年に可決された法案のカナダ政府の限定的な解釈により、あなたの選挙権がはく奪されたという抗議の苦情をElections Canadaのウェブサイト上に登録する。<りんく>
  • FacebookグループLetAllCanadiansVoteで、在外カナダ人の選挙権を回復するためのキャンペーンをフォローし、支援する。<りんく>

日本人メンバーがカナダでカナダ人とビジネスを行うことに興味を持つ理由の一つは、崇高、公平、自由な社会を作りたいというカナダの向上心に魅力を感じているからだと思います。海外に住むカナダ人のために選挙権を回復することは非常に重要な活動なので、ご参考までにCCCJのカナダ人が現在行っている様々な活動の概要を記述しました。