[Event Report] EPA CCCJ CJEPA Round table - 日・カナダ経済連携協定 ラウンドテーブル

[Event Report] EPA CCCJ CJEPA Round table - 日・カナダ経済連携協定 ラウンドテーブル

Japanese follows English

On November 18, 2014 the CCCJ Trade Policy Committee hosted an engagement with Canada’s chief negotiator, Mr. Ian Burney, and Canada’s lead negotiators for Government Procurement and Technical Barriers to Trade, who were in Tokyo for the seventh round of Canada-Japan Economic Partnership Agreement negotiations.  Canada and Japan are engaged in trade negotiations both through bilateral EPA* negotiations and the Trans-Pacific Partnership (TPP). 

Our Canadian government guests informed our membership about the current status of the Canada–Japan EPA, outlined some key areas of interest to both Canadians and Japanese members and came to learn from our members in the Canada/Japan business community about trade related issues which might be addressed in the Canada–Japan EPA, or the TPP. 

There was consensus among all CCCJ member participants that the process of the Canada–Japan EPA is being given significantly less priority by the Japanese side than the TPP negotiations at this time, and we registered this concern with the Canadian negotiators.

CCCJ members voiced support for the notion that Japan would be well served by an early conclusion of the bilateral CJEPA. Specific comments and data about real business issues were presented by former CCCJ President Eric De Groot, with comments offered by Mr. Kitagawa of the Quebec provincial trade office and by Ron Haig of Toyota Motor Corporation and CCCJ HBA member and former president of Toyota Canada, Yoshio Nakatani. The Canadian negotiators welcomed ongoing feedback and comments from CCCJ members to inform the Canadian negotiating position. 

This was an opportunity for members in the Canadian and Japanese business community to support the profile of the Canada–Japan EPA initiative and encourage positive action from the Japanese side with regard to trade-related issues affecting our two nations.  The CCCJ Trade Policy Committee has committed to invite the Japanese negotiators to meet with us in the near future for a similar round of dialogue between the Canada/Japan Business community and those that are negotiating these important agreements.

Information on the Canada-Japan EPA can be found on the Department of Foreign Affairs, Trade, and Development website.

Samuel G. Gildart - November 18, 2014
CCCJ Event Hosted at TMI Associates

2014年11月18日に、在日カナダ商工会議所貿易政策委員会が、日・カナダ経済連携協定(EPA)交渉第7回会合にあたって訪日中であった、カナダ側のチーフ交渉担当者イアン・バーニー氏と「貿易の技術的障害と政府調達」について交渉をしている主要な方々と説明会を主催致しました。カナダと日本は二か国間日・カナダ経済連携協定(EPA)交渉とTPP(環太平洋連携協定)交渉、両方の交渉をしています。

この説明会では、カナダ政府のゲストから、当商工会議所の会員へ現在の日加EPA情勢についての説明、またカナダと日本両国のメンバーが関心も持つ重要な分野の概要説明がありました。また、政府ゲスト側にとっても、直接、日加ビジネスコミュニティーのメンバー達と会談する事によって、日加EPA、TPP交渉の際に実際に触れられる可能性のある貿易に関する問題について学ぶ良い機会ともなりました。

CCCJ会員参加者達は、現在の時点でTPP交渉に比べて日加EPA交渉は日本側にとって優先順位の低い所にあるかもしれない。という合意に達し、この点をカナダ側交渉担当者達に明確に示しました。また、CCCJ会員達は、早い段階での二か国の日・カナダ経済連携協定(EPA)の終結が日本のために役に立つ。という意見を支持しました。

細かいコメントや現状ビジネス問題のデーターは、エリック・デグルートCCCJ元会頭によって提供されました。その間、ケベック州商業事務所北川氏、トヨタ自動車株式会社ロンヘイグ氏と、CCCJ名誉顧問兼カナダトヨタ(株) 元会長の中谷義雄氏によるコメントも頂きました。カナダの交渉担当者達は、カナダの交渉上での立場を知らせる為にCCCJ会員からの継続的なフィードバックやコメントを歓迎しました。これは、カナダと日本のビジネスコミュニティーのメンバーにとって、カナダ日本EPAイニシアチブ概要を支援し、また、両国の国民に悪影響を及ぼす貿易関係の問題についての日本側のプジティブな働きを促進させる良い機会となりました。

在日カナダ商工会議所貿易政策委員会は、この様な日加ビジネスコミュニティーと重大な協定の交渉担当者達の間での対話をもう一度設け、近日、日本の交渉担当者様達をお招きする約束を致します。尚、カナダ日本EPAに関する情報はカナダ外務省のウェブサイトをご覧ください。

サムエル ギルダート– 2014年11月18日
このイベントは、TMI総合法律事務所にて行われました。

Gallery