Canada’s Changing Energy Landscape

Seminar

***

Canada's Changing Energy Landscape

March 1st, 2016
Embassy of Canada to Japan

***

In continued support of the Canada-Japan Energy relationship, this year, in partnership with the Embassy of Canada to Japan, and the provinces of Alberta, British Columbia, Ontario and Quebec, the Canadian Chamber of Commerce in Japan will host a seminar and networking event focused on policy developments and commercial opportunities in traditional and renewable energy in Canada.

Canada is the world’s fifth-largest natural gas producer and it is a potential LNG supplier to Japan and Asia.  Canada is also an oil producer and has significant oil reserves.  Canada’s strengths lie in the fact that it is  it is well positioned to become a reliable and stable supplier, has a large resource potential and convenient market access to Japan across the Pacific basin.

With 65 % of total electricity generated in Canada coming from renewable sources, Canada has the third largest renewable energy capacity in the world and offers foreign investors opportunities across the entire value chain, from technology development and fuel supply to energy generation, storage and distribution. Renewables continue to account for an increasing share of Canadian electric capacity added each year, hydroelectricity being the largest source accounting for over 60% of electricity generation. Other renewable sources, such as biomass, wind, marine and solar, contribute to increasing Canada’s renewable energy generation—wind and solar energy are the fastest growing sources of electricity in Canada.

Canada's Department of Environment and Climate Change is developing a climate change framework and new policies to promote renewable energy by working closely with the the provincial governments. Alberta and British Columbia have introduced carbon pricing mechanisms, and a Cap and Trade system will link California, Ontario and Quebec. In late November 2015, Canada pledged $300 million a year in funding towards clean technology and innovation.

This seminar will open with a plenary session looking at Canada as a whole, followed by province-specific updates from Alberta, British Columbia, Ontario and Quebec. Following the plenary, the conference will be divided into two simultaneous breakout sessions focusing on: Renewable Energy and Clean Technologies  including, solar and wind power, smart grid and eco-housing; and, Hydrogen and Fuel Cell Technologies.

Event Details (TBC):

  • Date: March 01, 2016
  • Venue: Embassy of Canada, 7-3-38 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-8503, Japan, MAP
  • Time: 14:00 – 19:00

The seminar consists of a plenary session including provincial updates, then two simultaneous breakout sessions with company and industry association presentations, followed by a networking reception. Draft program below.

 

  • Cost: Free of charge
  • Registration: Click here to register. Unregistered walk-ins will not be accommodated.
  • Registration deadline: February 25th, 2016
  • Notes:  1) Please kindly bring your photo ID with you which is required at the Embassy’s guard’s station for security purposes. 2) Parking is not available. 3) The organisers reserve the right to deny participation to registrants who do not have clear business links to the seminar content.

Program: Click here for the event program.

Who should attend?

Canadian and Japanese stakeholders who are involved in ongoing energy sector projects or in the process of investigating project feasibility in Canada.  Furthermore, this event will prove useful for Canadian or Japanese companies active in the energy sector seeking a technical alliance and/or equity partners.

(日本語訳)

変化を続けるカナダのエネルギー概況
開催日:2016年3月1日(火)
会場:在日カナダ大使館(東京)

在日カナダ商工会議所は、カナダと日本のエネルギー関係を継続的に支援する取組みの一環として、在日カナダ大使館、アルバータ州、ブリティッシュ・コロンビア州、オンタリオ州、ケベック州との協力により、カナダにおける従来型および再生可能エネルギーの政策構築と商業機会に関するセミナーとネットワーキングのイベントを開催いたします。

世界第5位の天然ガス生産国のカナダは、日本をはじめとするアジア地域にLNGを供給する潜在力を持っています。また、カナダは大量の石油を埋蔵する産油国でもあります。エネルギー分野でのカナダの優位点としては、信頼性の高い安定した供給国になる十分な能力を備えていること、豊富な資源を有していること、太平洋に面し日本への市場アクセスが良いことなどが挙げられます。

総発電量の65%を再生可能な資源から 得ているカナダは、世界第3位の再生可能エネルギー生産能力を有し、技術開発や燃料供給からエネルギーの生成、貯蔵、供給まで、バリューチェーン全体にわたって外国の投資家にビジネスチャンスを提供しています。カナダの発電能力における再生可能エネルギーの割合は毎年増加を続け、最も比率が大きい水力発電は、総発電量の60%以上を占めています。バイオマス、風力、海洋、太陽光など、水力以外の再生可能資源も、カナダでの再生可能エネルギー生成の増加に寄与し、風力および太陽エネルギーの利用は、カナダで最も成長著しい発電方法となっています。

カナダ環境・気候変動省は、州政府との緊密な連携により、再生可能エネルギーを推進する気候変動枠組みと新たな政策の構築に取り組んでいます。アルバータ州とブリティッシュ・コロンビア州は市場価格による炭素排出量取引制度を導入し、また米国カリフォルニア州、オンタリオ州、ケベック州は、キャップ・アンド・トレード型排出量取引制度で連携します。2015年11月、カナダはクリーン・テクノロジーと技術革新に年間3億カナダドルを投じることを決定しました。

本セミナーでは、初めにカナダのエネルギー事情を概観し、続いてアルバータ、ブリティッシュ・コロンビア、オンタリオ、ケベック州が各州の最新事情を説明します。全体での討論の後は、参加者がそれぞれ関心を持つテーマに分かれてのグループ・セッションとなります。テーマとしては、従来型エネルギー、再生可能エネルギーとクリーン・テクノロジー(太陽光・風力発電、スマートグリッド、エコハウジングなど)、水素技術などが予定されています。

セミナー詳細(予定)

  • 開催日:2016年3月1日(火)
  • 会場:在日カナダ大使館(東京都港区赤坂  7-3-38)地図
  • 時間:14:00 – 19:00

このセミナーには、州による最新情報の紹介、同時に行われる企業との分科会、産業団体によるプレゼンテーション、その後のネットワーキングレセプションが含まれます。詳しいプログラム(予定)は下記をご覧ください。

  • 参加料:無料
  • 参加登録:お申込をご希望の方は、お手数ですが、こちらからお申込ください何卒宜しくお願い申し上げます。
  • 参登録締切り:2016年2月25日(木)
  • プログラムおよび発表者は変更される場合があります。
  • カナダ大使館への入館には、写真付き身分証のご提示が必要です。駐車場のご用意はありません。

プログラム(予定): プログラムをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

本セミナーの主な対象

本イベントは 、カナダにおけるエネルギー投資及びビジネスにご 関心のある日本企業、関係団体等を対象として開催されるものです。開催の主旨にそぐわないと思われる方には、ご参加をお断りする場合があります。

Event Details

March 1st, 2016
Registration Closed
14:00 to 19:00
Reception doors open at 13:40
7-3-38 Akasaka, Minato-ku Tokyo 107-8503, Japan
Free of charge

Event Registration

Registration is Closed
  • Registration: Click here to register. Unregistered walk-ins will not be accommodated.

  • Registration deadline: February 25th, 2016

  • Notes:  1) Please kindly bring your photo ID with you which is required at the Embassy’s guard’s station for security purposes. 2) Parking is not available. 3) The organisers reserve the right to deny participation to registrants who do not have clear business links to the seminar content.

  • 参加登録:お申込をご希望の方は、お手数ですがこちらからお申込ください。何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 参登録締切り:2016年2月25日(木)

  • 注意:カナダ大使館への入館には、写真付き身分証のご提示が必要です。駐車場のご用意はありません。